最新号のお知らせ

LISN188(夏)号は、「注目されるデジタル化」です。

兵庫県点字図書館の倉本志朗氏より、図書館での専門書オーディオブック制作の取組みや他の機関との連携について、新潟大学の地域映像アーカイブの研究プロジェクトを進められる原田健一氏からは、アーカイブのデジタル化において留意すべきことや新たなメディアリテラシーが創発されるべき段階にあることについて論じていただいています。
長野大学前川道博氏から、地元での実践、検証を経て開発が進められるd-commons.netなどを例にデジタルコモンズのご紹介、また、デジタルファブリケーション機器を使ったFabNurseプロジェクトに関して、慶應義塾大学宮川祥子氏からプロジェクトのご紹介とケアの領域における新しい可能性、そして、東北学院大学小林信重氏からはインターネットを通して行った調査などをもとに、社会において注目を集めるデジタルゲーム研究の現状と課題です。またトピックスとして、学習マンガレインボーバード山内康裕氏、松尾奈々絵氏から、これも学習マンガだ!プロジェクトについてお届けします。

LISN188号 (2021年6月)特集「注目されるデジタル化」

・ 倉本 志朗 (社会福祉法人兵庫県視覚障害者福祉協会常務理事兼兵庫県点字図書館副館長)
「視覚障害者を対象とした専門書オーディオブックの制作と公開―兵庫県点字図書館の取組み」

・ 原田 健一(新潟大学人文社会科学系フェロー)
「デジタル時代における映像の変容と新しいアーカイブ」

・ 前川 道博 (長野大学企業情報学部教授)
「デジタルコモンズが拓く新たな地域の学び」

・ 宮川 祥子 (慶應義塾大学看護医療学部)
「ケアの工夫のデジタル化」

・  小林 信重 (東北学院大学)
「注目されるデジタルゲーム-デジタルゲーム研究の現状と課題―」

トピックス
・ 山内 康裕、松尾 奈々絵 (レインボ-バード合同会社/一般社団法人マンガナイト)
「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~」

資料紹介
日仏図書館情報学会創立50周年記念出版「書物史研究の日仏交流」

製品紹介
「安全安心クリーナー ストロング」

バックナンバーを見る