最新号のお知らせ

LISN184(夏)号は、「ピクトグラムで伝える」です。
ピクトグラムの歴史や規定について、公共空間のサインに関する著書も手掛けられ広くご活躍の横田保生氏より、日本規格協会の諸橋護易氏、黒田優香氏からは、ピクトグラムJIS Z8210、またピクトグラムを教材とした「ピクトグラムにちょうせん!」の授業などのご紹介、交通エコロジー・モビリティ財団の竹島恵子氏から、標準案内図記号について2020東京オリンピックパラリンピック開催に向けた開発の経緯など並びにサイン表示の際の注意事項です。埼玉県立熊谷図書館の小幡あい氏より、図書館での多文化サービスとコミュニケーションシートの利用について、また豊橋創造大学三輪多恵子氏から、外国人の多い豊橋市におけるご自身の自治会活動のご経験をもとに開発された避難所での利用のためのピクトグラムに関して、ダウンロードのできるURLも併せてご紹介いただいています。
設備事例紹介は、長崎県と大村市が共同運営する「ミライon図書館」、計画からのご苦労やこだわりについて、建築当時担当された兼松和則氏よりお届けします。

LISN184号 特集 「ピクトグラム」

・横田 保生(公益社団法人日本サインデザイン協会 元会長)
「ピクトグラム」

・諸橋 護易(一般社団法人日本規格協会 標準化普及戦略ユニット)
 黒田 優香(一般社団法人日本規格協会 産業基盤系規格開発ユニット)
「日本規格協会のピクトグラムに関する取り組み」

・竹島 恵子(公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団バリアフリー推進部企画調査課調査役)
「標準案内用図記号(ピクトグラム)について」

・小幡 あい(埼玉県立熊谷図書館 海外資料ご担当)
「誰もが気軽に利用できる図書館へ―埼玉県立図書館の多文化サービス」

・三輪 多恵子(豊橋創造大学経営学部経営学科 教授)
「災害避難所におけるピクトグラムの可能性-避難所における案内表示のためのピクトグラムの提案」

設備事例
・兼松 和則(長崎県教育庁生涯学習課 新県立図書館整備室 係長)  
「県民市民の新たな知の拠点-長崎県と大村市の一体型図書館『ミライon 図書
館』-」

バックナンバーを見る