キハラの歴史

1914年(大正3年)木原乾輔神田神保町にて図書館製本及び帳簿、紙加工を業とし、木原正三堂を創立。
1923年(大正12年)製本に加えて図書カードとカードケースの製造販売を開始。
1935年(昭和10年)店舗を神田神保町より神田小川町に移転。
1949年(昭和24年)図書館用品の先進国である米国より多数の資料サンプルを導入。
国産図書館用品の製造を開始。
1950年(昭和25年)アメリカ大使館、米軍基地、SCAP、CIE関係の図書館用品の納品を開始。
国内の図書館需要増加に伴い家具部を創設。図書館家具、米軍用木製家具の製造販売を開始。
1951年(昭和26年)図書館用品及び図書館家具の需要拡大に伴い、個人商店木原正三堂を株式会社木原正三堂に改組。
1955年(昭和30年)神田駿河台に倉庫配送センターを設置。
1958年(昭和33年)駿河台配送センターを駿河台営業所とし、練馬区豊玉に練馬配送センターを設置。
1959年(昭和34年)家具設備部門の拡大に伴い、図書館設備のほか書店、用紙店、文具店等の店舗内装設備工事を始める。併せて、官公庁家具工事に進出。
1962年(昭和37年)国鉄工事局、東京工事局、第1工事局、第2工事局の指定工事店に認定され新幹線家具工事を受注。
東京都財務局家具製造A級業者に認定。
1964年(昭和39年)国鉄新幹線家具工事一式引渡し完了。 都内国鉄主要駅工事を受注。
1965年(昭和40年)初代社長木原乾輔退任。
木原祐輔社長に就任。
1966年(昭和41年)楽器店の店舗、音楽教室、視聴覚教室の設備工事の請負を開始。
1968年(昭和43年)北海道営業所を開設。
創業55年事業として、神田駿河台に本社ビルを建設。
本社機能もすべて駿河台に移転。
1969年(昭和44年)名古屋営業所を開設。
1971年(昭和46年)練馬区配送センターを増改築。
1977年(昭和52年)米国デムコ社と業務提携、新製品の相互開発及び販売の契約締結。
1978年(昭和53年)配送部門の効率化と商品倉庫の拡充のため、江東区大島に商品センターを設置。
1980年(昭和55年)米国クラマー社と業務提携。キックステップほか図書館用品の輸入販売を開始。
JLA主催の全国図書館大会(於鹿児島)に漢字コンピュータによる図書館総合管理システムを展示、館界から大きな反響を受ける。
1981年(昭和56年)米国チェックポイント社と同社製品のLDS販売に関する代理店契約を締結し、電波方式による同システムの普及販売開始。
1984年(昭和59年)大阪支店を開設。
1986年(昭和61年)株式会社木原正三堂よりすべての営業権の譲渡を受けてキハラ株式会社を設立。
1989年(平成元年)博物館、美術館分野への参入。
1992年(平成4年)電子ライブラリーを目指す総合情報管理システム〔エリーゼ〕を(株)マルチメディア研究所、(株)日販図書館サービス、キハラ(株)の三社の共同事業として開発、販売を開始。
1996年(平成8年)金沢工業大学の協力を得て、図書館家具類の耐震実験を5月から6月にかけて実施。
開架書架類の商品化計画にその成果を活かす。
「地震と図書館―図書館家具と耐震試験レポート」を刊行。
1997年(平成9年)ドイツのエッシェンバッハ光学社製品の販売に際し、わが国の図書館市場における独占的販売権を取得。同社製品の販売を開始。
1998年(平成10年)「介助なしに一度でいいから自分で本を選んでみたい」という身障者の切実な声に応えるために、ユニカム社と共同開発した図書館内における身障者専用の電動車椅子〔U&D〕の発売を開始。
2001年(平成13年)福岡営業所を開設。
2002年(平成14年)商品センターを江東区大島から埼玉県越谷市へ移転。
2003年(平成15年)ISO14001認証登録。
2004年(平成16年)9月に創業90周年を迎える。
日本図書館協会委託事業として「歴史的図書館用品」の調査収集を開始。
2005年(平成17年)仙台営業所を開設。
2009年(平成21年)木原祐輔社長退任、会長就任。木原一雄社長に就任。
2011年(平成23年)東日本大震災に対応する緊急支援チームを結成し、近県より支援活動を開始。その後、東北3県被災図書館を支援する様々な活動を継続中。
2014年(平成26年)9月に創業100周年を迎える。
100周年記念誌『図書館とともに キハラ100年の歩み』を刊行。
2016年(平成28年)本社建て替えのため本社仮移転。
2018年(平成30年)創業105年事業として、神田駿河台に新本社ビル完成。
2019年(平成31年・令和元年)5月にISO/IEC 27001を認証取得。
9月に創業105周年を迎える。

大正、昭和、平成そして令和 100年の蓄積は次の100年のために