設備事例紹介 札幌市図書・情報館

所在地:北海道札幌市

「おしごとから、わたくしごとまで。」都心で働く人たちや札幌を訪れる人にも利用しやすい街の中心に位置し、気軽に寄れて頼りになる知的空間、それが札幌市図書・情報館です。貸出機能に重点を置いた既存の図書施設とは異なる、調査相談・情報提供に特化した課題解決型の図書館として計画され、館内を「WORK」「LIFE」「ART」の3つのエリアに分けて分野ごとの文献を置いています。1階エリアは開放的な空間に北海道・札幌の魅力に関する図書を展示。また、カフェと一体空間になっておりコーヒー片手に読書を楽しめます。2階エリアは仕事や打ち合わせに活用できるグループエリア、大きな窓から創成川を望める、静 かなリーディングルームなど多彩に構成されています。人と情報、人と人をつなぎ、にぎわいと交流を生み出す都心にふさわしい情報拠点を目指しています。

2階 グループ席の周りに配置された木製円形中置書架



北海道・札幌の魅力を伝える図書が並ぶ1階エリア。



高さが違う箱を組み合わせた展示台です。小さな段差が展示する本を際立たせてくれます。




全国紙と仕事に役立つ様々な専門紙が約90紙収納された新聞架です。全国紙は各紙・曜日ごとの最新号を4つ折り展示し、1面の見出しを見やすく収納しています。



白木調の本体に黒色バックのモノトーンが映える雑誌架です。キャスター付でレイアウトの変更が容易に行えます。



空間を形作る特徴的な三角形書架は、視界を遮ることなく開放的に空間を区切ることができます。


関連コンテンツ

キハラ図書館用品 総合カタログ Vol.90

関連リンク

札幌市図書・情報館 公式サイト